果実事業

トップページ > 協会の事業概要 > 果実事業

果実事業

果実事業イメージ

需給調整対策事業

うんしゅうみかんの需給の不均衡を是正するため、愛媛県果実生産出荷安定協議会が定めた生産出荷目標に基づき、農協等から提出のあった産地別の生産出荷計画について、組織ごとに承認し、需給調整に努める。

果実計画生産推進事業

うんしゅうみかんの生産出荷目標の作成のための会議開催費、調査費、台帳整備費及び資料作成費、生産出荷計画の実施状況の確認のための確認担当者手当及び帳簿作成費、産地指導のための講習会開催費及び資料作成費等の経費を補てんする。

緊急需給調整特別対策事業

うんしゅうみかんについて、計画的な生産出荷への取組を行ったにもかかわらず、一時的な出荷集中により、市場価格が低下した場合又は大幅な低下が確実と見込まれる場合に、需給及び価格の安定を図るため、全国果実生産出荷安定協議会が事業発動したときに、農協が作成した事業実施計画に基づき、生果を緊急的に加工に仕向けた農協に対し、その経費の一部を補助する。

果樹経営支援対策事業

担い手の経営基盤の強化及び競争力の高い産地育成の加速化を図るため、産地計画に基づき、優良品目・品種への転換、小規模園地整備等の整備事業及び労働力調整システムの構築、大苗育苗ほの設置等の推進事業を行う担い手、生産出荷団体等に対し、補助金を交付するものとする。

果樹未収益期間支援事業

競争力の高い果樹産地の育成を強化するため、担い手等が果樹経営支援対策事業等により優良な品目又は品種への改植を実施した後、経済的に価値のある水準の収量が得られるまでの期間に要する経費の一部を補助する。

加工原料安定供給連携体制構築事業

加工用果実の再生産価格を確保するため、契約取引等による計画的な取引手法の実証や加工用果実の選別及び出荷体制の構築並びに作柄安定技術の導入に要する経費の一部を補助するものとする。

全国果樹技術・経営コンクール

生産性の高い果樹園経営と国際競争にも耐え得る足腰の強い産地を育成するため、公益財団法人中央果実協会において、全国果樹技術・経営コンクールが実施されており、本県においても、省力化・品質向上技術の導入、経営改善の面から先進的で他の模範となる果樹農家・法人及び果樹生産集団を探索し、出品を行う。

ページ先頭へ戻る

果実事業の詳細は 「(公財)中央果実協会ホームページ」へ

HOMEへ戻る