野菜事業

トップページ > 協会の事業概要 > 野菜事業

野菜事業

野菜事業イメージ

野菜価格安定基金造成事業

食の消費構造の変化や加工・業務用等の多様な実需者の要望に対応するため、消費者に安定供給できる新たな野菜安定供給産地を育成するため普及・啓発を行い、新規に野菜を導入する産地から生産・出荷された野菜を対象として、市場価格が保証基準額を下回った場合に補てん金の交付を行う。

転作野菜価格安定事業

水田営農活性化対策において野菜への転作を計画的に実施し、産地として定着させるため、野菜の需給及び価格安定を図る必要があるので、普及・啓発を行うとともに国制度への移行を進め、転作を実施した産地から生産・出荷された野菜を対象として市場価格が保証基準額を下回った場合に補てん金の交付を行う。

特定野菜等供給産地育成価格差補給事業

国の実施要領や業務方法書に基づき、(独)農畜産業振興機構・県の指導のもと、国民の消費生活上重要な野菜である「指定野菜」に準ずる「特定野菜等」の需給及び価格安定を図るため、普及・啓発を行い、対象産地から生産・出荷された野菜を対象として、市場価格が保証基準額を下回った場合に機構からの価格差補給助成金を受け、価格差補給交付金等の交付を行う。

加工・業務用野菜生産基盤強化事業

加工・業務用野菜の生産基盤の強化に向けた取り組みを推進するため、作柄安定技術の導入等により加工・業務用野菜の安定的な生産及び出荷に取り組む事業実施主体に対し、一定の助成単価により当該取組面積に応じて補助する(独)農畜産業振興機構が行う事業について、協会は加工・業務用野菜生産基盤強化支援事業を実施する。

ページ先頭へ戻る

野菜事業の国制度の詳細は 「alic(独)農畜産業振興機構ホームページ」へ

HOMEへ戻る